2017年8月14日月曜日

126149km・なんとか淡路島へ(第1日目)

2017.8.11から13までの2泊3日の行程。

ホントは秋田に行きたかったんだけど、天気予報はずっと雨。
ならば唯一雨域を免れている西へ、という消極的理由で和歌山か淡路島のいずれかを目指して出発。
しかし結局、2回土砂降られたりいろいろあったけど、何とか淡路島へ到達したのでした。
(だいたいのログ)


(デジカメがいよいよダメで、画像にハレーションが酷い。携帯で撮ったものの方がよっぽどクリアだけど画質はやはりそれなり。デジカメ欲しいなぁ。)


第1日目

8:48
出発でごんす。


朝が遅かったんで、道はすでに混み始めている。
ま、淡々といきましょう。


西湘BPから箱根新道で弱い雨の箱根越え。
混んでたなー。

で、R1をズンドコして道の駅ふじ。
(そういえば富士の手前で覆面PCに捕獲される追い越し車線の車を見た。自分は事前に気付いて無問題だったけど、人事じゃないね。)




由比。


キリンさんコーナーを抜ける。

R1はBP区間が多いので、流れていれば長~い静岡県もいい感じで走り抜けられる。
これらの無料化は嬉しかったなぁ。有料のころは高くてね。
大井川を越える。

浜名BPは初!


景色がダイナミック。


R1>R23で名古屋方面へ。


豊川の辺り。

ミスルートして復帰中。


蒲郡駅前

三谷港のあたり。


暑いです。
そして熱いです。

R23から伊勢湾岸から伊勢湾岸で名古屋中心部をバイパスする。
ん?前方の雲行きがやばい感じだゾ?

雨だー。
(この手前で路面補修の緊急工事による斜線規制に伴う渋滞があり、その最中に本降りになり始めて参った。)

あれに見える観覧車のところにPAがあった筈!
ピットインしよう!そうしよう!

湾岸長島PAで休憩。
濡れたけど、パンツを濡らすほどじゃない。
このぐらいならかえって涼しくてよい。(強がり)

地図と天気予報を睨めっこして。
和歌山方面が第1候補だったけど、四日市付近の渋滞と三重の雨予報もあり、走りが楽しめないんじゃいく価値ないなー、と。
どれではと淡路島を目指すこととして、このまま直行では何かと面白くなさそうなので山陰側から瀬戸内にでる方針にて、琵琶湖北部のキャンプ場を目指すことに。

では出発。


雲行きがねぇ。(ため息)
こればかりはどうしようもないのだ。

伊勢湾を湾岸桑名ICで降り、K69からR258で養老/関が原方面へ。
途中、いなべを過ぎた辺りから酷い土砂降りに遭遇。
地面に当たる雨の飛沫で、膝丈ぐらいまで真っ白になる警報レベルの雨。一気にパンツまで浸水。


道路のあちこちに脛ほどの深さの川が出現していて、対向車の跳ね上げる水を浴びること数回。
ものすごい水圧なので、直撃すると普通に危ないし、面積の広いカウリングにダメージが来ないか心配になるレベル。それでも停車しないんだから馬鹿だね。やれやれ。
(さすがに車輪ハブ程度の深さの水溜りは避けます。)
しかし幸いなことに車両にも装備にもこれといったダメージなく雨域をやり過ごす。

この真っ赤なとこを南から北へ抜けたわけです。
前方の空見てまずいなぁとは感じてたのに、ま、大丈夫でしょ?と楽観して突っ込んだ馬鹿でした。



雨域を抜け、停車。人心地つく。
パンツまで脱いでギューっと絞りたい衝動に駆られる。


ここからは大丈夫!(なのか?)




関が原の辺りは下道では初めて通ったけど、いいところだったなあ。
また訪れたい。

で、そろそろ琵琶湖北部の長浜。



久々の琵琶湖では夕焼けが(中途半端ながら)美しかった。
わりと満足。

目星をつけていたキャンプ場へのチェックインが何かと難しそうな感じだったので寝場所の確保が難しくなってしまった。
 途中見かけた道の駅での幕営も、環境的にちょっと難しそうな気配。(車中泊の四輪は居た)

何はともあれおなかが空いた。テン場での夕食は断念して、外食での腹ごしらえ。
湖北ほくほく亭で昭和歌謡を聴きながら、ラーメンとギョーザの晩御飯。

で、其処からチョイの某所で幕営。
20:46

走行:472km
平均時速:39km/hぐらい

第2日目へ続く(たぶん)

2017年8月13日日曜日

朝めし食べたら、帰りましょう

念願のVer.W!!




2017年8月12日土曜日

ついでに朝ごはん

朝一でさっそくどしゃぶられ雨宿り中。




2017年8月9日水曜日

今日の物欲・ガジェットホルダ(ただし思案中)

https://www.webike.net/sd/20873951/

ありそうで意外と無い、バックミラー・マウントのガジェット・ホルダ。
これ、割と欲しかったりします。
(GPZ900Rのノーマルクラッチ/ブレーキホルダには、プラスチックキャップでメクラ蓋がされたミラー取り付け用のネジ穴があるのです。)
しかし、「ハンドル周りに電装オプション付けたら負け」という理由なき美意識と懐具合とが邪魔をして、これがなかなかポチッとできません。
多分、Bluetooth繋がるインカムを手に入れたら禁を破る勇気が出るんだと思います。
あぁ物欲。

2017年8月7日月曜日

124493km・太平洋から日本海へ(詳細版)

午後10時。
出発でごんす。

圏央道、菖蒲PAで4.5時間ぐらい仮眠。
最初暑かったけど、よく寝た。益子町、七井中央で給油。
早朝だけど、GS開いてて良かった。
ちゃんとR4とか大きい道沿いで入れなきゃダメだね。反省。
ノボリの女性がひどく不細工に見える。


茂木の道の駅でトイレット。
シールドも掃除。


県道や国道を繋いで太平洋。
K245は険道だったなぁ。
K22は天気の良い日にまた走ってみたいね。

五浦岬で太平洋。


R6沿いのローソンでサンドイッチとかの朝食。
いわきのR6で給油したんだけど、セルフGSでお釣りを取り忘れる失態。(後に電話して返金してくれることを確認。一応事無きを得る。)

K35をズンドコしたかったんだけど、規制の具合が良くなさそうだったので K41でR399。
R399は硬軟とり混ざる良道で、交通量は極小。

浪江方面はことごとく通行規制。


やがてR399も規制に。山形までこの国道で抜けたらどんなに良いだろう。悔しいね。
南側側の規制箇所近くのモニタリングポスト。やはり線量高め。


結局K50、R349,K62を繋いで二本松。
磐梯吾妻スカイラインを浄土平まで往復してレークラインで裏磐梯。給油とコンビニおにぎり。
西吾妻スカイラインで米沢方面に北上しR121で酷暑の喜多方。
思ったよりタフだったR459からのR49で新潟市へ。

R402沿いの青山海岸で夕焼け見物。
一応、日暮れまでに日本海に到達できたので満足。

ギリギリで日没に間に合った。

佐渡島の山並みがくっきり見えた。


新潟西ICで関越に乗る前に給油して。
疲労を感じ始めていたので100kmごとに休憩をとることにして。
燕三条では花火を楽しみながら走れた。
最初の休憩地は大和PA。


第二休憩地は赤城高原SA。
ラーメンの夕食と給油。


圏央道に乗り継いで帰宅。
0:49だった。



大体の行程。

走行:1168km
平均時速:43.5km/h